鍼灸整体院 吉祥寺悠心堂のホームページにご訪問いただきありがとうございます。
 

 

逆子は足にあるツボにお灸をすることで治りやすくなると言われています。
最近では「産婦人科のお医者さんから勧められたから」と言って来院される方もいるくらいです。

自分でもできますので、やり方をご説明します。

 

逆子のとき、お灸をするツボ

お灸をするツボは足首と、足の小指にあります。 

三陰交(さんいんこう)

うちくるぶしが基準になります。

そのうちくるぶしから指を4本揃えた幅くらい上のところにあります。

冷えの予防・改善に効果のあるツボで、妊娠安定期に入ってからこのツボにお灸を続けると安産になると言われています。
 

【動画】三陰交の探し方 せんねん灸ホームページより

 

至陰(しいん)

足の小指、爪の外側の角の際になります。

このツボが逆子に効果のあるツボになります。

三陰交と至陰とを合わせてお灸することを「逆子のお灸」といいます。

 

使用するお灸

お灸ならなんでも効果は同じなのですが、当院では「せんねん灸」をおすすめしています。

理由は、初心者でも簡単にできるのと、どこのドラッグストアでも手に入るからです。

せんねん灸の中でも「熱さ」の種類があります。

熱いほど効きそうな気もしますが、一番弱いものでも十分に効果があります。
熱いものはヤケドするリスクも高くなりますので、ソフト・レギュラーあたりをおすすめしています。

おすすめのお灸

  • せんねん灸オフ ソフトきゅう 竹生島
  • せんねん灸オフ レギュラーきゅう 伊吹

 
火を使わないものなどいろいろなタイプがありますが、スタンダードなこのタイプが手軽で簡単だと思います。

 

お灸する回数

三陰交は1回ずつ
至陰は3回ずつ(連続して)

これを1日1セットしてください。

時間帯はいつでも結構ですが、お風呂の前後30分は外していただいたほうが効果的ではあります。

 

逆子が直るとき

どれぐらいで直るのかは個人差があって何ともいえません。
2・3日で直る人もいれば、結局最後まで直らない人もいます。

直るときに赤ちゃんが「グリン」と動いたのがわかる人もいますが、わからなかったという人も多いです。

健診で頭が下を向いていると確認できた時点で、至陰のお灸はやめていただいて結構です。
 

当然、逆子が直っているのにお灸をしている時期がでてきますが、お灸で赤ちゃんを回しているわkではないので安心してお灸を続けていてください。

お灸は、赤ちゃんが動きやすいように母体を良い状態にするためのものです。お灸で赤ちゃんを回しているわけではないのです。

 

 

赤ちゃんは筋肉に挟まれて動きにくくなっている

©医学書院/プロメテウス解剖学アトラス

 
お腹の中には「腸腰筋(ちょうようきん)」があります。

「ハの字」をししており、体幹を支える代表的な筋肉です。

 

赤ちゃんはお腹の中でこの筋肉に挟まれるような状態です。

腸腰筋が硬くなればなるほどしっかりと赤ちゃんを挟みこみ、動きにくくさせてしまいます。

 

 

当院の「逆子のお灸」の施術について

整体で骨盤のゆがみを整え、腸腰筋をゆるめる

当院では、逆子の患者さんには整体をしてから、ツボにしるしをつけてお灸のやり方をお伝えしています。

整体といってもバキバキするようなものではなく、マッサージのようにゆっくりと筋肉をゆるめていって骨盤のゆがみを調整します。

腸腰筋は硬くなっていると少し痛みを伴いますが、赤ちゃんには全く問題のない施術ですのでご安心ください。

 

お灸やり方をお伝えします

お灸をすること自体は非常に簡単なのですが、ツボが合っているか自信がないという方が多いです。

ツボにしるしをつけて、実施にお灸することでやり方をお伝えします。

 

何回くらい通えばいいの?

基本的に通院回数は初回の1回だけで結構です。

骨盤を整えれば、あとはお灸がメインになりますのでこれはご自身で続けていただきます。

多く通わなければいけない治療院もあるので、「通わなくていいの?」と質問されることも多いのですが、1回というのには理由があります。

逆子と診断される妊娠後期は通院すること自体が負担になりかねません。
通院することが負担になってお腹が張ったりすると逆効果です。

ですから、できるだけ1回で効果がでるような施術にしております。

もちろん施術すること自体は悪いことではないので、体力に余裕があれば再度来院していただいても結構です。
 

 

ご感想

逆子が治った患者さんからいただいたご感想です。

先日は色々教えていただきありがとうございました。
今日健診日だったんで、受診したところ、逆子が直っていました。

今日の受診までに、ポコポコと蹴る位置が変わったのは、感じたんですが、あまりゴロッと動いた感覚がなかったんで、初め聞いた時は「えっ!!」ってびっくりしたんですが、先生も「頭が下になってるわ!!」って一緒に喜んでくれてすごく嬉しかったです。

逆子体操はほんとしんどかったのでお灸を始めてからは一度もしなかったんです。
ほんとお灸の効果だと思います。

一人目の時は、逆子の心配もなかったので、あまり逆子に対しての関心がなかったんですが、今回逆子になってしまって、不安やその思いがよく分かりました。

帝王切開も安全な出産方法だと思いますが、やっぱり人間の自然な力で産みたい気持ちがあるので、このまま安産で乗り切れるように、引き続き足首の方だけお灸を続けたいと思います。

今はひとまずホッとしています。
本当にありがとうございました。

また無事出産を迎えご報告申し上げられたらいいなと思っております。
これからもお仕事頑張って下さい。

先日は逆子の診察をしていただきありがとうございました。
不妊治療でもお世話になって、まさかまた逆子でもお世話になるとは…(笑)

実はあれからお灸を続けていたところ、次の検診でも逆子が治らずとうとう手術日を迎えてしまいました。
ギリギリまで諦めきれずお灸と逆子体操を前日夜中まで頑張ったところ、なんと!!
手術開始1時間前のエコーで逆子が直っていたんです!!

先生もかなり驚いていて、何年に1度の奇跡とまで言われました。
手術着を着て、点滴までしていた私も驚きのあまり声が出ませんでした…(笑)

そして無事、元気な女の子を出産いたしました。
母子共に健康です!

37週を目前にしていきなり逆子になってしまい、急いで電話をかけて急なお願いだったにもかかわらず、とても丁寧な対応をしてくださった稲田先生にとても感謝をしております。

本当にありがとうございました。

産後、また余裕ができたらお世話になりたいと思います。
ありがとうございました。

 

 

営業時間・定休日

  • 平日 10:00~20:00
  • 土・祝 10:00~18:00
  • 定休日 水曜日・日曜日

 

 

施術料金

10,800円

※保険は使えません
 

 

アクセス

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-3 劇団前進座ビル 603


 

 

お問い合わせ

「ホームページを見て初めて電話したんですが…」 とお電話下さい。

0422-72-1822