はじめての方へ

はじめての方へ

鍼灸整体院 吉祥寺悠心堂のホームページにご訪問いただきありがとうございます。

このホームページは、逆子でお悩みの方に向けて特別に作成したものです。
(別にメインのホームページもありますが同じ一つの治療院です)

逆子は足のツボにお灸をすることで治りやすくなると言われています。
最近では「産婦人科のお医者さんから勧められたから」と言って来院される方もいるくらいです。

 

逆子の治療

「足首・足の小指」逆子が治りやすくなるツボがあります。
また、赤ちゃんが動きやすくなるように、骨盤を調整します。

最後にツボに「しるし」を付けますので、ご自宅でもご自身でお灸を続けてもらいます。
(非常に簡単にできるものなのでご安心下さい)

 

まず整体で骨盤の歪みを調整します

赤ちゃんが大きくなるに従って骨盤も開いてきます。

もともと骨盤や背骨の歪みがある場合など、骨盤が開いてくることで痛みなどの問題がでてくることも多いのですが、特に背骨の歪みが母胎を狭くすることにつながります。

骨盤を整えると背骨も整います。
すると母胎(赤ちゃんの部屋)が広くなり、赤ちゃんが動きやすくなるのです。

 

足首・足の小指のツボにお灸をします

お灸は少し熱いですが我慢する必要はありません。
「熱い」と感じたらすぐに取り除きます。

慣れてくるとその熱さも気持ち良く感じるようになるくらいの刺激です。

 

ご自宅でもお灸を続けていただきます

お灸のやり方は非常に簡単です。
ツボの位置にもペンでしるしをつけて、やり方も指導いたします。

お灸は市販のものをドラッグストアなどで別途ご購入いただいております。

 

何回くらい通えばいいの?

基本的に通院回数は初回の1回だけで結構です。

骨盤を整えれば、あとはお灸がメインになりますのでこれはご自身で続けていただきます。

多く通わなければいけない治療院もあるので、「通わなくていいの?」と質問されることも多いのですが、1回というのには理由があります。

逆子と診断される妊娠後期は通院すること自体が負担になりかねません。
通院することが負担になってお腹が張ったりすると逆効果です。

ですから、できるだけ1回で効果がでるような施術にしております。

もちろん施術すること自体は悪いことではないので、体力に余裕があれば再度来院していただいても結構です。

 

ご感想

逆子が治った患者さんからいただいたご感想です。

先日は色々教えていただきありがとうございました。
今日健診日だったんで、受診したところ、逆子が直っていました。

今日の受診までに、ポコポコと蹴る位置が変わったのは、感じたんですが、あまりゴロッと動いた感覚がなかったんで、初め聞いた時は「えっ!!」ってびっくりしたんですが、先生も「頭が下になってるわ!!」って一緒に喜んでくれてすごく嬉しかったです。

逆子体操はほんとしんどかったのでお灸を始めてからは一度もしなかったんです。
ほんとお灸の効果だと思います。

一人目の時は、逆子の心配もなかったので、あまり逆子に対しての関心がなかったんですが、今回逆子になってしまって、不安やその思いがよく分かりました。

帝王切開も安全な出産方法だと思いますが、やっぱり人間の自然な力で産みたい気持ちがあるので、このまま安産で乗り切れるように、引き続き足首の方だけお灸を続けたいと思います。

今はひとまずホッとしています。
本当にありがとうございました。

また無事出産を迎えご報告申し上げられたらいいなと思っております。
これからもお仕事頑張って下さい。

先日は逆子の診察をしていただきありがとうございました。
不妊治療でもお世話になって、まさかまた逆子でもお世話になるとは…(笑)

実はあれからお灸を続けていたところ、次の検診でも逆子が治らずとうとう手術日を迎えてしまいました。
ギリギリまで諦めきれずお灸と逆子体操を前日夜中まで頑張ったところ、なんと!!
手術開始1時間前のエコーで逆子が直っていたんです!!

先生もかなり驚いていて、何年に1度の奇跡とまで言われました。
手術着を着て、点滴までしていた私も驚きのあまり声が出ませんでした…(笑)

そして無事、元気な女の子を出産いたしました。
母子共に健康です!

37週を目前にしていきなり逆子になってしまい、急いで電話をかけて急なお願いだったにもかかわらず、とても丁寧な対応をしてくださった稲田先生にとても感謝をしております。

本当にありがとうございました。

産後、また余裕ができたらお世話になりたいと思います。
ありがとうございました。

 

PAGE TOP